新築の庭で家庭菜園ブログ
新築戸建て住宅の庭で家庭菜園をはじめた野菜の育て方ブログ

大玉トマトの種まきと発芽

今回は大玉トマトの王様と言われる「麗夏」を種から育ててみたいと思います。
数回に分けてトマトの種まきから発芽、土作り、そして収穫と、全ての工程をご紹介します。
種から大玉トマトを育てていて、なかなか発芽しないと言う方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。
‘続きを読む’

大玉トマト麗夏(苗作り)

大玉トマトの麗果が発芽(発根)してここまで根が出てきたら、土をいれたポットに植え付けます。
ポットの大きさは大きい物を使って大丈夫です。

種をよく見てみると、種のついてるところに今にも開きそうな双葉が見えるかと思います。 ‘続きを読む’

大玉トマトの土作り

前回までに大玉トマトの発芽から苗への植え付けまで行いました。
ご覧になられていない方は、メニューの野菜別記事などからご確認ください。
これまで大玉トマトは家庭菜園において中級者向けとご案内してきましたが、苗は園芸店などで購入することが可能です。
ここからはトマトを栽培するための土作りをご紹介しますので、種から始めた方も、苗を購入された方も同じ流れとなります。 ‘続きを読む’

大玉トマト一番花の開花

これまで大玉トマトの種を発芽させ、苗の成長を見て、トマト用の土作りまで行ってきました。
最初の種の発芽記事をご覧になっていない方は、大玉トマト麗夏(発芽まで)からご覧いただければと思います。

さて今回は、トマトの苗が一番花をつけるまでの様子と、大玉トマトの植え付け方法をご紹介したいと思います。 ‘続きを読む’

トマトの一番果の扱いについて

大玉トマトは順調に成長を続け、最初になった果実「一番果」が大きくなっています。
この頃には支柱も、仮支柱から本支柱へと差し替えました。
さてこのトマトの一番果、今後の成長に影響する重要な役割があると考えられていて、色々な考え方があります。
そこで今回は、様々な一番果の扱いについて考えてみたいと思います。 ‘続きを読む’

大玉トマトの葉が下から枯れる場合

トマトを育てていると、下の葉から枯れてくることがあります。
この現象は、大玉トマトだけでなくミニトマトでも見られる現象です。
トマト自体は病気に強い品種ではないので、環境や天候など様々な影響によって、色々な問題が起きても不思議ではありません。
ただネットで調べてもイマイチ症状が違う…同じ説明ばかり…といった感じがしていませんか?
私も自分で検索していてそう感じていた一人で、だからこそ、この家庭菜園向けのブログを始めようと思ったんです。
それでは、なるべく詳しく下の葉から枯れてくる症状の説明と対策をご紹介していきます。 ‘続きを読む’

トマトが赤くならない!?

家庭菜園で大玉トマトを育てていて、実はついたもののなかなか赤くならないと悩んでいませんか?
ネット検索をしてみても結構色づかないという悩みは多いようです。
大丈夫です。時間が経てばトマトは必ず赤くなります‘続きを読む’

成長した大玉トマトの摘心から収穫

今回は大玉トマトの収穫までをご紹介したいと思います。
冬の種まきから考えると、その時期ごとに色々な世話が必要だった大玉トマト。
いよいよ収穫の時期を迎えました。
前回は1番果の摘果を行いましたが、この記事ではその後の大玉トマトの成長記録と、収穫までの育て方について写真付きでご紹介します。 ‘続きを読む’

収穫量を増やす大玉トマトの植え方

今回は家庭菜園でも主役級の「大玉トマトの植え方」についてご紹介します。
それも普通の植え方ではなくて、収穫量を増やし、病気にもなりにくいとされるおすすめの植え方です。
これは自然栽培で有名な木村さんが教えるトマトの植え方なのですが、なんと普通の植え方をしたときよりも3倍~5倍根を張るという画期的な方法となります。 ‘続きを読む’

トマトの水やりと実割れついて

家庭菜園におけるトマト栽培で、水をあげすぎたら実割れするとか、トマトの味が薄くなってしまう、という情報を1度は耳にしたことがあると思います。
トマトの水やりはいつすればいいのか?どれぐらい水やりをすればよいのか?
今回はそんな悩ましいトマトの水やりと、トマトの特徴を合わせて考えてみたいと思います。 ‘続きを読む’

1 / 212