新築の庭で家庭菜園ブログ
新築戸建て住宅の庭で家庭菜園をはじめた野菜の育て方ブログ

とうもろこしが倒れる!?土寄せや支柱は必要?

カテゴリー:とうもろこしの育て方 投稿日時:05月22日 

家庭菜園でとうもろこしを育てていると、どうしても丈が高くなるとうもろこしは倒れてしまうことがあります。
特にマルチシートを被せて育てていた場合は、土がフカフカのままなので倒れる確率も高いかもしれません。
今回はとうもろこしの背が高くなったときに、どうしたら倒れないのかを、ここまでの成長と共にご紹介します。

とうもろこしの成長

まずは前回からのとうもろこしの成長をご覧ください。
発芽から6週間後のとうもろこし
発芽から約6週間が経過しました。
元気に大きくなってくれていますね。
こまめに害虫のチェックをして、見つけては補殺をして、無農薬栽培を継続中です。

丈が高くなって倒れないために

さて今回の記事のテーマである、とうもろこしの背丈が高くなったら支柱を立てるべきか、土寄せをするべきかという本題に入りましょう。
結論から申し上げると「しっかりと土寄せをする」というのが一般的な対応になります。
ただ家庭菜園という小規模(10株以下)であれば、支柱を立てて支えるという方法も悪くはないかなと思います。
1つ問題なのは高さのあるとうもろこしを支柱で支える訳ですから、支柱自体をかなり深く差して安定させておく必要がありますが、そう考えると3m以上の支柱が必要になり、支柱の準備に大きなコストがかかりそうです。
費用と効果を考えるとあまりおすすめできる方法ではないですが、「支柱がいい!」という人はやっても問題ないでしょう。
特にこだわりや特別な事情がないのであれば、やはりとうもろこしは土寄せで対応すべきかと思います。


とうもろこしの土寄せ

とうもこしの土寄せは、丈が40cm以上になった頃を目安とします。
とうもろこしの背丈が40cmを越えたら土寄せ
初めて栽培する時は、かならずメジャーなどを使って計測するようにします。

それでは土寄せの方法をご紹介します。
まずは、これまで使用していたマルチシートを外しましょう。
強引に上に抜き取ろうとすると株を傷めますので、マルチの穴に向けて、はさみで切れ込みを入れて丁寧にマルチを外していきます。
はさみでマルチを外す

マルチをしていたことにより、水やりや雨で濡れることの無かった土。
その土はフカフカの状態を保っていて、当然このままだと倒れやすくなってしまいます。
マルチを外して土を露出することで、水が染み込み時間と共に土が締まるのを狙い、これも転倒防止の1つの対策となります。

次に、土寄せをするのと同時に追肥も行いますので、畝の両サイドに化成肥料を撒き、土寄せを行いながら一緒に肥料も土にすき込みます。
化成肥料を追肥

土寄せは結構しっかり目に、山になる感じに行いましょう。
とうもろこしの土寄せ

また根元から生えてくるわき芽も、取らずにそのまま土寄せします。
わき芽も一緒に土寄せ
この方が根をしっかり張ってくれるので倒れにくくなります。

これでとうもろこしが倒れる心配は少なくなりました。
ただし台風などの気象条件では倒れてしまうこともありますので、そういった自然災害には事前対策で対応しましょう。


新築の庭で家庭菜園ブログのツイッター
家庭菜園ブログを最初の記事から見る