新築の庭で家庭菜園ブログ
新築戸建て住宅の庭で家庭菜園をはじめた野菜の育て方ブログ

アブラムシの対策と駆除方法

カテゴリー:害虫予防 投稿日時:06月09日 

家庭菜園をしていると悩まされるアブラムシ
今回はアブラムシの駆除方法について書いていきたいと思います。
わたし自信もアブラムシには何度か悩まされ、ネット検索で駆除方法を色々と探しました。
すると実に様々な方法が紹介されています。

ネットで書かれているアブラムシの駆除方法

色々な野菜に発生するアブラムシ

まず一番多いのが牛乳を薄めて散布する方法。
試してみたところ安全性は高いのですが効果が低く、臭いの問題で他の虫を寄せ付けてしまうという問題があります。
一般的でありながら、あまりおすすめはできない駆除方法でした。

次に中性洗剤を薄めて使う方法。
台所洗剤などに含まれる活面活性剤が、アブラムシに膜をつくって窒息させるという原理です。
これはアブラムシだけでなく、様々な虫も殺すことができます。
ただ植物そのものへの影響や土の中の微生物への影響を考えると、せっかく家庭菜園で安心安全な野菜を作っているんですから、あまり行いたくない対策でしたので実行しませんでした。
ただアブラムシだらけでどうにもならない、という状況であるならば効果は中程度あると思います。

次にてんとう虫を使う方法。
アブラムシの天敵であるテントウムシに食べてもらって駆除するという方法ですが、テントウムシは「そこまでアブラムシを食べません」
食べることは食べるのですが、1~2匹いたところで駆除できる量はたかが知れていますし、飛んで逃げてしまう可能性もあるので、あまり現実的ではない方法と言えます。
本当にてんとう虫でアブラムシ対策するのであれば、かなりの数のてんとう虫が必要になります。

効果的なアブラムシの駆除方法

ここまで3種類のネット情報による駆除方法を紹介してきましたが、ここからは最終的に私がたどりついたアブラムシの駆除方法についてご紹介します。
私の場合、いきなり「駆除!」と焦るのではなく、まずは発生源から抑えていきます。
実はアブラムシというのは蟻と共に共存していることが多く、その関係性は非常にビジネスライクといった感じで、アブラムシは蟻に甘い分泌物を提供し、蟻はテントウムシからアブラムシを守る用心棒をしているんです。
なので、まずはこのアブラムシに心地よい環境から崩していくため、蟻の駆除からはじめていきます。

市販されている蟻退治グッズでも良いですし、蟻の巣をひたすら壊していっても蟻をいなくすることはできます。
とにかく蟻の駆除が先決です。
しっかり土を耕して柔らかい土にしていると、蟻は巣を作りにくいようです。

蟻への対応が済んだら、いよいよアブラムシの駆除に入ります。
これまでの私の経験上から言えば、一番現実的なのは「マスキングテープ」や「クラフトテープ」でペタペタとくっつけて駆除する方法です。
マスキングテープでアブラムシを補殺
粘着力の弱いマスキングテープを使うことで野菜へのダメージは最小限に抑え、かつ確実に駆除することができ、さらに薬や薬品を使わないのでとても安全です。
もちろん土にも影響はありませんしね!
間違っても普通のセロハンテープやガムテープは使わないでください。

これを2~3日続けて行えば、ほとんどのアブラムシを駆除することができ、発生数は激減すると思います。
その後は水やりなどの際によく観察をして、見つけたらペタ、と水やりで流れてしまう前に駆除していきましょう。


もし家庭菜園でも農薬の使用に不安がないのであれば、野菜に適応した農薬を使えば一発で駆除することはできます。
逆に農薬ではない植物生まれなどと書かれたスプレー駆除剤も売られていますので、テープを使った駆除方法の後に散布すれば、高確率で殲滅させることが可能です。

おすすめはカダンセーフ
ヤシ油+デンプンという食品生まれなのが安心ですね。


花と野菜のやさしい殺虫・殺菌 ハンドスプレー カダンセーフ 250ml


新築の庭で家庭菜園ブログのツイッター
家庭菜園ブログを最初の記事から見る