新築の庭で家庭菜園ブログ
新築戸建て住宅の庭で家庭菜園をはじめた野菜の育て方ブログ

唐辛子が辛くない?辛い唐辛子にする為の育て方

カテゴリー:唐辛子の育て方 投稿日時:07月15日 

家庭菜園で育てた唐辛子がなぜか辛くない…と、困っている方も多いのではないでしょうか?
実は、唐辛子を辛くするには株にストレスを与える必要があるんです。
でも具体的にストレスとは何か?
いつ頃からストレスを与えれば辛い唐辛子になるのか?
特に初めて育てる場合は解らないことも多いかと思います。
今回は、辛い唐辛子に育てるための、育て方を紹介したいと思います。

唐辛子へのストレスの与え方

辛い唐辛子を作るためにはストレスが必要です。
そのストレスを与える1つの方法として、水やりを制限することがあげられます。
しかし、唐辛子を初めて育てる方はが萎びた葉を見ると「枯れそうだから、少しだけ水やりしよう…」と思って、水やりをしてしまうんです。
残念ながらこれでは辛い唐辛子にはなりません。

香辛料として使われる唐辛子の原産国は中南米。
唐辛子が栽培される中南米の5月~8月は、乾期となり非常に降水量が少なくなります。
そんな中で育つ植物ですから、少しくらい水が無くても元気に育ちます。

その証拠にある日の夕方、西日を浴びて萎れる唐辛子の葉。
唐辛子にストレスを与える
これを見ると、やっぱり水やりしたくなっちゃいますよね。

このまま水やりをしないで翌日どうなるかと言うと…
水やりをしなくても問題ない唐辛子
意外と持ちなおすんです。
昼と夜の温度差で水分を補給しているのかもしれません。

ですから、上記写真くらいの葉の丸まりであれば、唐辛子はまだ耐えられます。
本当に葉の水分が無くなってきた時は、くるんくるんになって細い葉になります。
それくらいになったら、しっかり水やりをしてください。

そして、ストレスを与えるもう1つの方法として、追肥(後から与える肥料)をしないことがあげられます。
プランター栽培の場合、前回の唐辛子の開花から実をつけるまでの記事でも書きましたが、実ができたころに1度だけ追肥して、あとは一切肥料を与えません
養分不足というのもストレスの1つになります。


品種や調理方法による辛さの違い

唐辛子が辛くならない理由として、品種の違いもあります。
そもそも辛くない品種もありますし、最初から激辛をうたった品種もあります。

また、青唐辛子の場合は火を通すことで辛くなりますから、生で食べて辛くない時は、熱を加えてみましょう。

7月中旬のまだ青い唐辛子。
辛さを確認するために試食してみました。
ピーマンのような青唐辛子
生でかじってみると、あまり辛くありません。
少しだけ辛いピーマンと言った感じ。

次はフライパンで火を通しみます。
火を通して辛くなった唐辛子
かじってみると…
!?
辛い!!
凄く辛い!
すぐに吐き出してしまったほど辛くなっています!
やはり青唐辛子は火を通すと辛くなります。

舌はヒリヒリしていますが、唐辛子は順調に辛くなっているようです。
あとは完熟して赤くなるのを待ち、乾燥させると、日持ちする唐辛子になります。
収穫までもう少し!

次回は唐辛子が赤くなるまでと乾燥方法をご紹介します。


新築の庭で家庭菜園ブログのツイッター
家庭菜園ブログを最初の記事から見る