新築の庭で家庭菜園ブログ
新築戸建て住宅の庭で家庭菜園をはじめた野菜の育て方ブログ

トマトの一番果の扱いについて

カテゴリー:大玉トマトの育て方 投稿日時:05月16日 

大玉トマトは順調に成長を続け、最初になった果実「一番果」が大きくなっています。
この頃には支柱も、仮支柱から本支柱へと差し替えました。
さてこのトマトの一番果、今後の成長に影響する重要な役割があると考えられていて、色々な考え方があります。
そこで今回は、様々な一番果の扱いについて考えてみたいと思います。

大玉トマトが成長し本支柱へ

一番果の様々な扱い方

まず一番果の扱いについて、ネットで言われているいくつかの方法についてご紹介ます。
ネットで見かける情報は大きく分けて4つ。

  • 花のうちに摘んでしまう
  • 実をつけるが早いうちに収穫してしまう
  • 第一花房ごと切り落としてしまう
  • 何もしない

など、トマトの一番果の扱いには様々な考え方があります。


正直、はじめてトマトを育てる方がこれだけ多くの情報・選択肢を提示されると、どうしていいのか迷ってしまいますね。
ではなぜこんなに一番果の扱い方がわかれているのでしょうか?

それは、これらの考え方にはそれぞれの事情育成理論があって、それぞれ望む結果が違うからなんです。

まず最初の花のうちに摘んでしまうという考え方ですが、これは子孫繁栄の本能を刺激するために行う作業です。
トマトからすると「最初の花に実を付けられなかったから、もっと花を咲かせないと!」という感じでしょうか。

一方、最初の花にはしっかり着果させるというのは、着果したことにより実付きに関係するホルモンが刺激され、その後の実付きが良くなるという考える方です。
こちらは実がなる癖をつける、ということを狙っています。

どちらも一理あって、どちらが間違えということもなく悩ましいところですね。
私個人としては、このどちらの考え方もあって良いと思っています。
なので私は、この両者の中間の方法をとるようにしています。

つまりどういうことなのかと言いますと、第一花房の一番果はしっかり実をつけさせ、2番目が着実したのを確認したら一番果を収穫してしまう、という方法です。
こうすると前者の考えも後者の考えも取り入れていることになり、事実、私の家庭菜園でも良い結果がでています。

この方法を実際の写真で見てみましょう。
トマトの二番果以降が実る
上記の写真では、花の根元にトマトの膨らみが確認できます。
この株では、これが二番果となります。
これは第一花房でも第二花房でも、どこになっても構いません。
二番目ということが大切で、二番果のトマトができているのを確認できればOKです。

二番果を確認したら、一番果を収穫してしまいます。
大玉トマトの一番果を収穫する
これが私流の一番果の取り扱いです。

そしてもう一つの考えである、第一花房ごと切り落としてしまうという方法ですが、これはトマトの成長や勢いに関係しています。
どの植物においても実をつけるということにはエネルギーが必要で、茎や葉を大きくする成長力は実をつけることによって減少してしまいます。
トマトが大きく成長しようとしているときに「実をつけさせない」「花もとってしまう」ということをすると、一時的に大きくなるためだけにエネルギーを集中させることができるので、第二花房以降、第五、第六花房まで株がしっかり育つ可能性が高くなります。
つまり長期間にわたりトマトの収穫が可能となるので、トマトの収穫量を多くさせることができる方法となります。

しかしこの方法はトマトの栽培に慣れていて、かつ収穫時期がしっかりと計算され、管理された育成環境において生産性を重視する際に取られる方法となります。
つまりセミプロ以上の考え方と言えるでしょうか。
収穫時期が通常より遅く長くなる訳ですから、世話をする期間が長くなったり、天候次第で枯らしてしまうリスクが増えますから経験値が必要です。

一方、家庭菜園の場合は第四花房から第五花房まで実をつけられれば大成功と言われています。
また収穫も一度にではなく、少しずつ長く楽しみたいものです。
よって家庭菜園において第一花房ごと切ってしまうやり方は、あまり向いてないのかなと考えています。


家庭菜園ですから、どのように判断してもどれが正解・間違いということはありません。
誰に強制されるわけでなく行うのが家庭菜園。
どのような結果を求め、どれぐらい手をかけるかも人それぞれ違うものです。
ただ「こんな考え方もある」と、知識を持った上で栽培していく方がより家庭菜園も楽しめるのではないでしょうか?
そして最終的には、自分自身に合ったトマトの栽培方法を見つけ出すのが1番だと思います。

次回は大玉トマトの葉が下から枯れる場合をご紹介します。


新築の庭で家庭菜園ブログのツイッター
家庭菜園ブログを最初の記事から見る