新築の庭で家庭菜園ブログ
新築戸建て住宅の庭で家庭菜園をはじめた野菜の育て方ブログ

冬植えブロッコリー

カテゴリー:ブロッコリーの育て方 投稿日時:02月01日 

今回は冬に植えて春には収穫が可能なブロッコリーの「緑笛」の育て方についてご紹介します!

家庭菜園の中ではトップバッターと言っても良いのが、この冬植えできるブロッコリー「緑笛」です。
しかし暖冬といわれていたこの冬ですが、1/11にポットに種まきを行ってもなかなか芽が出ません。
3日、4日と経過しても芽が出てくる気配はなくこれは失敗したかと思っていました。

なかなか芽の出ないブロッコリー
ポットに直植えするにはまだ寒すぎたのかもしれませんね…。

そこでキッチンペーパーとタッパーを使った、室内での発芽方法に切り替えました。
詳しい方法はトマトの方で解説しています。大玉トマト麗夏(発芽まで)

タッパーで発芽
ブロッコリーは好光性のため、室内が約20度に保たれたリビングでそのまま放置。
するとたった12時間でブロッコリーの種が割れ始め…

種が割れ始めたブロッコリー
1日後。

発芽から二日後のブロッコリー
2日後。

とこのように順調に根が伸びていきました!
新築住宅ということもあり室内温度が高く、発芽も促されたのかと思います。
はじめからタッパーによる発芽にすれば良かった…。

ブロッコリーが発芽しないという方は、こちらの記事 保温器を使った発芽方法(ホーム桃太郎) を参考にして下さい。

ポットへの植え付け

ある程度根が伸びてきたところで、土に植えつけましょう。
根が下向きで種のついた部分が上になるように、「縦向き」で土の中へ植え付けます。
種が少しだけ地上に出るぐらいがベストです。

土に植え付けた翌日には、もうこのような状態になりました。
元気に芽を出したブロッコリー

ただまだまだ寒いこの時期。
いくら冬植えとはいえ寒すぎれば成長も止まってしまいますので、ポットをまるごとビニール袋にいれて保温をしてあげます。

ポットをビニール袋にいれて保温
空気穴をあけるか、緩めに結んで酸素が入るようにしてください。

気温が安定していればブロッコリーはぐんぐん成長して、
ブロッコリーの双葉

小さかった双葉も大きくなり、最初にポットに植えていた種まで発芽したようで
本葉が見えはじめたブロッコリー

本葉も見えてくるまでに成長しました!
本葉が出てきたブロッコリーの苗

この結果を考えると、やっぱり発芽は温度の問題だったんだと改めてわかりました。
なので種をそのままポットに植えておいても、暖かくなれば自然と発芽はされますので、同じような状態の方は参考にしてみてください。
ただ寒い時期が長く続いたりして収穫時期がずれこむよりは、発芽を促してあげた方がよいのかなとも思います。

本葉が1~2枚になったころ、最初に植えていた種も大きくなってポットも込み合ってきました。
このタイミングで間引きを行い1本にして、栄養を1本に集中させます。
ブロッコリーの苗の間引き

そしてブロッコリーの定植は、本葉が4~6枚になったころとなります。
それまでは気温に注意しながらポットで苗を育てていきましょう。

冬植えブロッコリーの育て方で失敗しやすいのは
まだ外気温が寒すぎた。

今回使用したブロッコリーの種はこちら。
つぎつぎとれるブロッコリー緑笛の購入はこちら

次回は冬植えブロッコリーの土作りと植え付けをご紹介します。


新築の庭で家庭菜園ブログのツイッター
家庭菜園ブログを最初の記事から見る