新築の庭で家庭菜園ブログ
新築戸建て住宅の庭で家庭菜園をはじめた野菜の育て方ブログ

人参の葉が無くなった場合

カテゴリー:人参の育て方 投稿日時:08月17日 

無農薬で人参を育てていると、ある日、葉が無くなってしまっていることがあります。
生育不良なのか?元気が無いからなのか?と心配になってしまいますよね。
家庭菜園ではかなりの確率で起きる、人参の葉が無くなる現象。
その理由をご説明します。

人参の葉が無くなるのは食害

下の写真をご覧ください。
人参の葉が無くなった
このように、茎はそのままで葉だけが無くなっています。

こうなってしまった原因は害虫による食害です。
特に苗の中で一箇所だけがこのような状態になっている場合は、99%害虫の仕業といってもいいでしょう。

その害虫の正体とは、こちら。
人参を食害する青虫
犯人は青虫です。

青虫の体長が2~3cmくらいになれば、かなり目立つのですぐに見つけることができますが、その頃にはかなり被害がでたあとになってしまいます。
しかし体長が5mm以下の段階では、人参の葉の中に紛れてしまい、見つけるのがかなり困難です。

そこで、葉が無くなってきていることに気づいたら、ニンニクと唐辛子を使った「元気丸」を使ってみてください。
元気丸の作り方は元気丸による害虫予防と対策の記事でご紹介しています。
しっかりと散布すると嫌がった青虫が動き出し、葉が揺れて見つけることができます。

もしその日に見つけられなくても、元気丸の効果で、次の日には移動して見つけやすくなっていることもあります。

発見さえできれば、補殺するのは簡単。
グローブをつけて手で取っても、割りばしやスコップを使っても良いでしょう。
捕まえたらビニール袋に入れてポイ。

大体2、3匹~10匹程度いることもありますので、退治する際は葉の裏など隅々まで調べておきましょう。

人参栽培の青虫対策

家庭菜園で人参栽培をしていると、かなり高い確率で青虫が発生します。
よって人参が発芽した段階で、しっかりと寒冷紗や防虫ネットによる害虫対策をしておくことが必要です。

家庭菜園における防虫ネットの使い方は防虫ネットによる害虫予防の記事を参考にして下さい。

もし最初の写真のように葉が食べられてしまったとしても、そこで諦めてしまう必要はありません。
成長点さえしっかりしていれば、ちゃんと復活します。
人参の成長点
この赤マルの部分から人参の葉は生まれます。
写真では茎の裏側になってしまっていますが、すでに新しい葉が出てきています。

しばらくすると、このようにしっかりとした葉になり、
人参の葉が再生した様子
食害された後でも、このように次々と葉が出てくるようになります。


ただ青虫を全滅させていなかったり害虫対策を怠っていると、また葉を食べられてしまいます。
そうならないためにも、しっかりと害虫対策を講じるようにして下さい。


新築の庭で家庭菜園ブログのツイッター
家庭菜園ブログを最初の記事から見る