新築の庭で家庭菜園ブログ
新築戸建て住宅の庭で家庭菜園をはじめた野菜の育て方ブログ

とうもろこしを種から育てる方法

カテゴリー:とうもろこしの育て方 投稿日時:04月10日 

とうもろこしは収穫するとすぐに鮮度が落ち始めます。
だからこそ家庭菜園でしか味わえない、鮮度抜群採れたてのとうもろこしは特別な味わい。
スーパーで売られているとうもろこしは収穫から半日~1日以上経過していることが多いので、採れたてを味わうにはやはり家庭菜園しかありません。
さらに、とうもろこしは肥料を吸収する力が強いので土壌に残った肥料分をリセットしてくれる一石二鳥の野菜なのです。

とうもろこしを種から育てる

とうもろこしは苗からではなく直播きで栽培します。
種も安く発芽も簡単なので、直播きの方が圧倒的にコストパフォーマンスが良いですよ。
種からとうもろこしを育てていて、発芽しないと言う方も参考にしてみてくださいね。

とうもろこしは「他家受粉」といって、ほかの株の花粉で受粉します。
家庭菜園においてうまく受粉させるには、風で花粉が付きやすいように「2列」で育てることがポイントとなります。
他家受粉だからといって複数の品種を混ぜてしまうと逆に実が付きにくくなりますので、育てるのはあくまで1品種だけです。

3月の終わりごろ、種まきに備えて堆肥と化成肥料を混ぜ土づくりをしておきます。
とうもろこしの土作り

その後4月に入ったら70cmの畝幅で畝を作り、2列で種まきできるように互い違いにマルチヘ穴をあけます。
とうもろこしの畝
穴と穴の間隔は30cm、きちんと測って作業しましょう。

とうもろこしの種まき

土づくりと畝・マルチの用意ができたら、種まきを行います。
今回使用する種はこちらのゴールドラッシュ88という品種。
ゴールドラッシュ88

とうもろこしの種はこんな感じです。
とうもろこしの種
しわくちゃで、干からびたとうもろこしの粒です。
ここからちゃんと芽が出るんですね。

それでは種まきの方法です。
土に少し溝を掘り、マルチの穴1つに2~3個の種をまきます。
種まき

種を撒いたら上から土を被せ、水で流れないように軽く押さえたら、たっぷり水やりをします。
土を被せて押さえる

発芽は約1週間後ですが、低温の日が続くと中々発芽しません。
とうもろこしの発芽
最高気温が15度を超えるような日が続くと、一気に発芽を確認することができるかと思います。


こちらは発芽から一週間後。
とうもろこしの発芽から1週間
既にとうもろこしを包む葉のような形になっていますね。

発芽して2~3cmほど丈が伸びてきたら、害虫・害鳥対策を行いましょう。
特に頻繁に鳥が訪れるような場所では、芽を食べられたりすることがあるので、トンネルを作り寒冷紗をかけてしっかりと害鳥対策をしましょう。

すぐに丈が長くなり外すことになるので、風に飛ばされない程度の固定で良いかもしれません。

次回はとうもろこしの間引き方法についてご紹介します。


新築の庭で家庭菜園ブログのツイッター
家庭菜園ブログを最初の記事から見る