新築の庭で家庭菜園ブログ
新築戸建て住宅の庭で家庭菜園をはじめた野菜の育て方ブログ

ネギの土寄せ方法や時期

カテゴリー:ネギの育て方 投稿日時:10月03日 

ネギに土寄せを行う理由は「ネギの白い部分を作るため」ですが、時期や寄せる土の量にコツが必要です。
土寄せには追肥(後から与える肥料)の作業も兼ねていますから、美味しいネギを作るためにも大事な作業です。
今回は、その土寄せの時期や量、方法についてご紹介していきたいと思います。

土寄せのタイミング

前回のネギの苗の植え付けの記事でも書いていますが、初回の土寄せは植え付けから3週間後。
その後は、成長点(枝分かれしているところ)が5cm位伸びてきたところで土寄せを行います。

土寄せのタイミング
ネギの成長点が、この写真位高くなってきたら土寄せのタイミングです。

ただ植え付けから間もない時期に行う土寄せにおいては、まだネギが太くなろうとしている状態なので、あまり多く土寄せしてしまうとネギを圧迫してしまい細いネギになってしまいます。
ですから最初の2回までは軽めに、優しく土寄せを行います。
2回目の土寄せ前

決して土を固めたり、圧迫してはいけません。
2回目の土寄せ後
こちらは、2回目の土寄せ作業後となります。

太くしっかりと成長した後は、土をたっぷりかけてネギの白い部分を作っていきます。

土寄せの方法

冒頭でも申し上げたように、土寄せは追肥と言う役割も兼ねています。
土寄せをする前に、畝の間や、土寄せをする土に化成肥料を撒きます。
ネギの追肥
化成肥料の量は、1㎡で約1握り分です。

この化成肥料を撒いた土を、ネギの根元に優しく寄せたり、上からかけたりしていきます。
土寄せ完了
3回目以降の土寄せではネギもそれなりに大きくなっていることが想定されますので、成長点(枝分かれしているところ)のすぐ下まで、しっかりと土寄せをしましょう。
土寄せが不十分だと、白い部分が少ないネギになってしまいます。


ただ、成長点は必ず地上に出るようにしてください。
成長点まで土をかけてしまうと、それ以上大きくならない場合もあります。注意しましょう。

この土寄せ作業は収穫までに4回~5回ほど繰り返して行い、最終的にはネギを中心に山のような形にしていきます。


新築の庭で家庭菜園ブログのツイッター
家庭菜園ブログを最初の記事から見る