新築の庭で家庭菜園ブログ
新築戸建て住宅の庭で家庭菜園をはじめた野菜の育て方ブログ

柿の苗の植え方

カテゴリー:柿の育て方 投稿日時:08月01日 

新築住宅を購入して数年が経ち、家庭菜園は色々とやってきました。
ただ、未だ果樹は未経験。
「実のなる木も栽培してみたい!」と思いたち、今回柿の木を植えてみることにしました。
さっそくネットで柿の植え方や土の作り方を調べようと思ったのですが、意外にも柿に関する情報は少なく、一般論だけで栽培記録のようなものがありませんでした。
これでは、その「一般論」が合っているのかどうかもわかりません。
長丁場にはなりそうですが、かき集めた僅かな情報と今までの経験を使って、私が家庭菜園における柿の木の栽培をレポートをしてみたいと思います。

実は1度失敗している柿の木の植え付け

まだ家を買ったばかりのころ、実は1度柿の木を植えたことがあります。
その当時は何も知識が無かったので、「植えれば根付くだろう」という軽い気持ちで苗木の植え付けを行ったのですが、ものの見事に枯らしてしまいました。

これが当時の冬に植えた柿の木と芽。
冬に植えた柿の木

それから半年後の柿の芽。
芽が動かない柿の木
動いていません。
半年経っても、まったくと言っていいほど変化がありませんでした。

剪定してあった先端部分を見ると、カビのようなものが生えて、ひび割れまで起きています。
割れた柿の苗木

そこで樹が生きているのか確認するために、芽のところをカッターで削ってみたところ…
枯れた柿の苗木
木が生きていれば緑色なんですが、中まで白くなっていて、これはもうダメ。
枯れています。

土が悪かったのか苗木が悪かったのか、原因を探ることはできません。
ただこの失敗を活かし、1つでも失敗要因を減らすべく、今回植える柿の木は苗選びも土作りもしっかり考えながらやっていきたいと思います。

柿の苗選びと土作り

「桃栗三年柿八年」とはよく言ったもので、物事が実を結ぶまでには時間がかかるという例えですが、実際の柿はというともう少し早く収穫できるそうです。
苗木から始めるのであれば、さらに期間は短くなるでしょう。

さて、前回は冬に柿の苗を買ったのですが、これが良くなかったのかもしれません。
冬は植物が休眠期に入っている為「植え付けをするならこの時期」と考えてしまいがちですが、素人には冬の苗木を見ても状態の善し悪しが判断できず、実は既に枯れている苗木だったり、売れ残って時間の経った苗木だったり、良くない苗木を購入してしまう可能性が高いのです。

今回はこのようなことを避けるために、暖かくなって植物が活動を始めた6月に苗木の購入を行い、「すでに新芽が出ているもの」を選ぶようにしました。
新芽が出ている苗木
これで苗が枯れている・苗が古い、という可能性はありません。

ちなみに購入した品種は、柿の定番「次郎」です。
次郎柿の苗木を購入

次に柿を植えるための土作りを行います。
何もしていない新築住宅の庭の土は、下の写真のようにカチカチで粘土質。
固く粘土質の土
これでもスコップを入れて、土を砕いた状態です。
これを植物が育つ土に変えていきます。

まずは有機質な土に変えるため、
・完熟たい肥
・牛ふん
・鶏ふん
・油粕
を投入します。
有機質の土に変える
これだけの肥料を買おうとすると結構大変なので、ネットでまとめて購入して届けてもらうのがお得です。

牛ふん堆肥 ペレットタイプ

しっかりと混ぜ込みながら、土も耕していきます。
堆肥を投入

多量の堆肥を入れたので、未熟な堆肥が混ざっていた場合、土の中で発酵が起きる可能性があります。
発酵が起きると植物に良くないので、2~3週間ほど土をそのままにしておいて土を寝かせることにします。
土を寝かせる
虫が寄り付かない様に、防虫ネットを被せておきました。

3週間後、土の酸度(pH)を測定。
土のpHを測定
柿は弱酸性で良く育つそうなので、6.0前後に調整します。
土が酸性寄りの場合は、すぐに植え付けができるカキ殻有機石灰を撒くと良いでしょう。

カキ殻有機石灰(石川県産)5kg

最後にべちゃべちゃした土の排水性を改善するため、腐葉土をすきこみます。
腐葉土をすきこむ
これで柿を植えつけるための土の準備が整いました。


柿の木の植え方

まず最初に、苗木に水を吸わせておきます。
苗に水を吸わせる
約1時間~半日程度吸水させましょう。

この間、植え付け場所に苗のポットと同じ高さの穴を掘っておきます。
ポットと同じ高さの穴を掘る
柿の苗は30cmポットを使っている場合が多いので、結構深めの穴が必要になります。

穴の用意ができたら、吸水させた苗の土を崩さない様に、植え付けを行います。
柿の植え付け
植え付け後に倒れないよう、株元が頂点になるように土を寄せておきます。

こんな感じで、柿が植わりました。
柿の植え付け完了
もし植え付けに失敗していたら、翌日葉が萎れてくると思いますので、植え付けから数日間はよく観察するようにしましょう。

2日後の柿の木。
植え付け2日後の柿の木
萎れるどころか、みるみる枝が伸び、この調子なら順調に根を張ってくれそうです。

次回は柿の植え付け後1年目の冬の様子をご紹介します。


新築の庭で家庭菜園ブログのツイッター
家庭菜園ブログを最初の記事から見る