新築の庭で家庭菜園ブログ
新築戸建て住宅の庭で家庭菜園をはじめた野菜の育て方ブログ

メロンの葉に病気が発生した際の対処法

カテゴリー:プリンスメロンの育て方 投稿日時:06月06日 

メロンやキュウリなどのウリ科の野菜は、葉に病気の症状が現れることが多々あります。
症状としては黄色や白い斑点、茶色い斑点など様々あり、うどん粉病、べと病、斑点細菌病などが有名ですが、家庭菜園で栽培している場合、素人が病気を特定することは難しいです。
症状をネットで検索する前に、まずは対処を行いましょう。

病気の発生は梅雨に多い

メロンやキュウリ、トマトなどの病気は、ほとんどの場合6月頃に発生します。
その理由は、病気の原因が「カビや細菌」であるため、湿度が高くなる梅雨時に症状が出やすいのです。
こういった梅雨時は、雨予報の前日から水やりを中断したり、雨が続く場合には風通しが良くなる工夫をしてください。

葉に表れた病気への対象方法

メロンの葉の病気の場合、下記の写真のように「一部が茶色くなる」ことが多くみられます。
メロンの葉に表れた病気
これは発生初期。
このような症状を見つけたら、その葉だけ摘んでしまってください。
他の葉に感染していなければ、これだけで病気は回復していきます。

同じように葉の上に白い粉のようなものを見つけた場合も、感染の広がりを抑えるため、その葉だけ摘んでしまいます。
このようにカビや細菌が発生源となる病気に関しては、発生元を断ってしまえば症状は治まりますから、日々の観察を怠らず、早期発見を心掛けて下さい。


また厄介なアブラムシもウイルスを媒介します。
ただ葉の多くなるメロンなどでは、すべての葉のアブラムシを駆除するというのは現実的に難しいです。
ですから、アブラムシの被害を受けている葉を見つけることを優先しましょう。

こちらは、アブラムシに食害されたメロンの若葉。
アブラムシによる食害
この写真のように、アブラムシは柔らかい新芽に集まりやすい傾向にあります。
食害を受けている若葉を見つけたら、葉ごと摘み取ってしまってアブラムシを一網打尽にします。
これも早期発見が大切です。

ちなみに上記の写真の葉の裏にも、アブラムシが沢山いました。

葉を摘む対処を行ったら、梅雨の晴れ間を利用して、しっかりと太陽の光のもとにさらすようにしましょう。
葉や土を乾燥させることで、原因菌の消毒になります。

天気予報で近日中に雨が予想されている場合には、それまでの間水やりは行わない方が、雨が降ったときに加湿状態になりにくくなりますよ。

白い粉が付いたような症状になったら、こちらのメロンがうどんこ病になった時の治療方法をご覧ください。


新築の庭で家庭菜園ブログのツイッター
家庭菜園ブログを最初の記事から見る