新築の庭で家庭菜園ブログ
新築戸建て住宅の庭で家庭菜園をはじめた野菜の育て方ブログ

トマトが赤くならない!?

カテゴリー:大玉トマトの育て方 投稿日時:06月29日 

家庭菜園で大玉トマトを育てていて、実はついたもののなかなか赤くならないと悩んでいませんか?
ネット検索をしてみても結構色づかないという悩みは多いようです。
大丈夫です。時間が経てばトマトは必ず赤くなります

赤くならないのは積算温度の問題

青いままのトマト
トマトが赤くなる条件は積算温度(実ってからの累積最高気温)で1200度と言われていて、単純計算すると最高温度が30度の日なら40日程度。
20度なら60日必要です。

スーパーに並んでいる多くのトマトが、まだ青いうちに出荷されるのを知っていますか?
それでも店頭に並んでいるときには赤いトマトになっていますよね?
これはどういうことかと言いますと、上記の積算温度を利用したもので、青いうちに収穫しても、運搬や倉庫などでダンボール等に保管されていれば温度は保たれます。
この保管されている間に自然と積算温度が赤くなる温度に達して、商品としてスーパーに陳列されるころには赤くなっているという仕組みです。
逆にいえば、赤くなってから収穫すると、スーパーに並ぶころには腐りかけてしまうということなんですね。

ではトマトが赤くなるのに光は必要ないのか?という疑問がわいてきますね。

太陽光は赤くなるのには必要ない

光は植物が光合成をするのに必要なのは、皆さんご存知ですよね。
光合成は、葉を大きくしたり、花を咲かせたり、トマトを成長させることに必要なんです。
よってトマトを育てることには必要ですが、トマトを赤くなること自体には重要ではないということになります。

しかし光がトマトの実に影響するのは糖の生成の部分で、甘いトマトを作るためには光合成はかかせないんです。
トマトは日中に光を浴び光合成を行って、様々な過程を経て糖を作り出し、甘いトマトへと成長していきます。
完熟トマトが甘いとされる理由もここにあって、トマトが真っ赤になるまで収穫を遅らせることによって、光合成をする時間を長くとることができ、甘いトマトになりやすいということです。


上記で述べた、スーパーのトマトの多くは青いまま出荷されている、ということは、収穫されて消費者が食べるまでの間、光合成はされていないことになりますので、実際そんなに甘くないんです。
家庭菜園では完熟ギリギリまで収穫を待つことができるので、光合成による糖の生成時間が多くなり、甘いトマトを食べることができるんですよ。

次回はいよいよ成長した大玉トマトの摘心から収穫までをご紹介します。


新築の庭で家庭菜園ブログのツイッター
家庭菜園ブログを最初の記事から見る