新築の庭で家庭菜園ブログ
新築戸建て住宅の庭で家庭菜園をはじめた野菜の育て方ブログ

プリンスメロン地這い栽培の子づると孫づるの育て方

カテゴリー:プリンスメロンの育て方 投稿日時:06月03日 

プリンスメロンは、孫づるにできる雌花を受粉させ、実を育てていきます。
しかし、家庭菜園やメロン栽培が初めてだと、子づる?孫づるってなに?という方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、実際のプリンスメロンの成長を確認しながら、子づると孫づるについてご紹介していきます。

定植後の子づる

まず子づるについて、畑へ定植を行ってから1週間後のプリンスメロンでご紹介します。
定植1週間後のプリンスメロン
まだ子づるは生えていませんが、写真の矢印で記している、主枝から生える葉と茎の間に、新たな茎が伸び始めます。

5日ほど経過すると、わき芽から新しい芽が出てきたのがわかります。
子づる
これが子づるです。
親づる(主枝)から枝分かれしているので「子づる」と言います。

この子づるをプリンスメロンでは2本、多く実をつけたいなら3本伸ばします。
家庭菜園であれば、スペースや成功率も考えて2本で十分でしょう。

何もしないでいると、3本4本と子づるは沢山出てきます。
栄養が分散すると困るので、早めに芽かきを行いましょう。
こちらが余分に伸びてきた子づる。
余分に伸びてきた子づる
成長が早いので、小さいうちに取ってください。
子づるの芽かき

定植を行ってから20日後。
定植から20日後のプリンスメロン
天候にも恵まれ大きく育ち、葉の色も良い状態です。
防虫ネットの中で育っているので、ウリハムシによる被害も見られません。

伸びた子づるに雌花を見つけました。
子づるにできた雌花
状況によってはここで人工授粉をしても構わないのですが、一般的にはまだ受粉は行わず、葉や茎の成長を促すため、雌花を摘み取ってしまいます。

雌花を摘んでしまう理由

今回のプリンスメロン栽培の予定は、1株に3個~4個メロンを収穫したいと思っています。
しかし今現在、雌花は子づるについた1つだけしかありません。
もしこれに実を付けてしまえば、茎や葉の成長は鈍り、実を肥大させることに養分が使われ始めます。
そうなると、新たな雌花が出来にくくなってしまうのです。

メロンの雌花は孫づるに出来やすい傾向にあり、孫づるを伸ばし、雌花がいくつか揃ってから人工授粉をしてあげれば、複数のメロンを実らせることが出来ます。
このことから、子づるに出来た雌花には受粉させないで、摘み取ってしまうことが全体の成長に繋がります。

ただ「収穫を1株1個に絞って、最高のメロンを作る!」ということであれば、子づるにできた雌花でも受粉をしても構わないと思います。

子づるを伸ばし10節以降の孫づるを伸ばす

その後子づるは順調に成長を続けます。
順調に育つ子づる
左と右で2本の子づるを伸ばしています。
子づるが成長し伸びていくと、親づるから子づるができた時と同じように、子づると葉の間から新たな芽が出てきます。
プリンスメロンの孫づる
これが「孫づる」となります。

「親づる」から分かれる茎が「子づる」、子づるから分かれる茎が「孫づる」です。

孫づるは、わき芽のどこからでも伸びる可能性がありますが、実際に伸ばす孫づるは、子づるの10枚目の葉のわき芽からとなります。
1枚目~9枚目までにできる孫づるは、芽かきをして摘んでしまいます。
それにはこんな理由があります。

美味しいメロンを作るためには、株全体として葉の数を増やす必要があり、葉が揃ってから実を付けるためにこのような育て方をします。
植物は土からの栄養の他にも、葉が光合成をすることで糖を作りだします。
この糖がメロンの甘さに関わってくることから、葉が十分に揃ってないと美味しい甘いメロンにはならないんですね。
だから子づるの葉が10枚になってから孫づるを伸ばすのです。

10枚目で孫づるを伸ばしたら、何枚か間を置いて、13枚目あたりで孫づるを伸ばします。
こうすると、実と実の間に、葉の枚数を稼ぐことが出来ます。


さて、孫づるが伸び始めた頃、ふと株元を見てみると、新たな子づるが芽を出していました。
株元から伸びる子づる
親づるを摘心したあたりから、次々と子づるが伸びてきています。
孫づるが確認できたからと油断せず、常に必要のないわき芽は芽かきをして、養分が散らばらないように注意しながら育てていきます。

プリンスメロンの定植から1ヶ月が経過しました。
こんな感じで、孫づるは順調に成長しています。
成長する孫づる
そして葉もこんなに大きくなって、健康に育っています。
健康に育つプリンスメロン

いよいよ次回は、プリンスメロンの人工授粉の方法をご紹介します。


新築の庭で家庭菜園ブログのツイッター
家庭菜園ブログを最初の記事から見る