新築の庭で家庭菜園ブログ

新築戸建て住宅の庭で家庭菜園をはじめた野菜の育て方ブログ

玉ねぎが倒れた時に土寄せは必要?

05月11日 カテゴリー:玉ねぎの育て方
玉ねぎの土寄せ

玉ねぎの茎が倒れ始めると、一般的には収穫時期が近いことを示唆します。
しかしそれ以外にも、玉ねぎの肥大する部分が露出しすぎていても倒れることがあります。
ちなみにこの肥大する部分、実は「茎」なんです。 ‘続きを読む’

プリンスメロンプランター栽培をスタート

05月08日 カテゴリー:プリンスメロンの育て方
プランター栽培メロンの定植

プリンスメロンのプランターでの栽培方法をご紹介します。
まずプリンスメロンの苗作りについては、プリンスメロン種からの育て方の記事から読んでいただき、こちらでは植え付けからご紹介したいと思います。
メロンのプランター栽培におけるポイントは、地這い栽培と違って「つる」を張るためにネットを使うことにあります。 ‘続きを読む’

ナスの苗の植え付け

04月27日 カテゴリー:ナスの育て方
ナスの接木苗

ナスは上手く栽培が出来ると、かなり長期間収穫することができるのでぜひ成功させたい野菜の1つ。
ただ病気にもなりやすい野菜なので、家庭菜園でナスを育てる場合は「接ぎ木苗」を使用しましょう。
よく知られているところではありますが、接ぎ木苗では連作障害を受けにくく病気にも強くなります。
また病害虫リスクを減らせるので、無農薬や減農薬栽培をする家庭菜園に向いているといえます。 ‘続きを読む’

プリンスメロン地這い栽培 摘心から植え付け

04月24日 カテゴリー:プリンスメロンの育て方
メロンの摘心のやり方

プリンスメロンの苗は、本葉が4枚~5枚になったところで、摘心を行ってから植え付けという流れになります。
それまでに畑の土作りをして畝を作り、マルチングまでを済ませておきましょう。
今回は大切なメロンの摘心のやり方から、プリンスメロン栽培に必要な土作りについてご紹介します。 ‘続きを読む’

とうもろこしを種から育てる方法

04月10日 カテゴリー:とうもろこしの育て方
とうもろこしの種

とうもろこしは収穫するとすぐに鮮度が落ち始めます。
だからこそ家庭菜園でしか味わえない、鮮度抜群採れたてのとうもろこしは特別な味わい。
スーパーで売られているとうもろこしは収穫から半日~1日以上経過していることが多いので、採れたてを味わうにはやはり家庭菜園しかありません。
さらに、とうもろこしは肥料を吸収する力が強いので土壌に残った肥料分をリセットしてくれる一石二鳥の野菜なのです。 ‘続きを読む’

プリンスメロン種からの育て方

04月07日 カテゴリー:プリンスメロンの育て方
プリンスメロンの双葉

私が一番好きな果物はメロン。ずば抜けて好きです。
そんなメロンが家庭菜園で作れたら最高…。
今流行の家庭で作れる「ころたん」のような簡易的なものではなく、ちゃんとスーパーに並ぶような「プリンスメロン」を家庭菜園で育てたい。
ということで今回はプリンスメロンの育て方をご紹介します。
地這い栽培とプランター栽培両方行っていますので、ぜひ参考にされてみてください。 ‘続きを読む’

冬に玉ねぎは成長しない!?

03月02日 カテゴリー:玉ねぎの育て方
2月の玉ねぎ

10月に種まきをした玉ねぎ
本格的な寒さが到来する冬になる頃、玉ねぎの成長はどうなるのでしょうか?
成長しない、まったく伸びない、太くならない、色々と不安になる時期。
今回は冬の間の成長の様子をご紹介します。 ‘続きを読む’

家庭菜園で冬に種を発芽させる方法

03月02日 カテゴリー:家庭菜園全般
ホーム桃太郎の種発芽後2日

家庭菜園において、育てたい野菜を苗からではなく種から育てるとかなり経済的になります。
しかしその反面、収穫時期から逆算して冬の低い気温で発芽させなくてはならなかったり、暖かくなるまでの温度管理など、素人には難しい課題があるのも事実です。
特に夏野菜の種を冬の間に発芽させるのはなかなか難しいです。
そこで今回は、冬に種を発芽させる方法をご紹介したいと思います。 ‘続きを読む’

家庭菜園における夏と冬の土壌消毒の方法

02月03日 カテゴリー:土作り・準備,土壌消毒
黒いポリ袋に土を入れる

家庭菜園において連作障害を避けるためにとっても大切な土壌消毒についてご紹介します。
我が家でお気に入りの野菜を毎年作りたい!と思っても、規模の小さい家庭菜園では作物のローテーションをすることは難しく、連作障害になる可能性が高いですよね。
また専用の薬剤も販売されていますが、せっかくの家庭菜園ですし薬にも頼りたくないという方も多いと思います。
そこで行うのが、夏と冬の気候を利用した土壌消毒です。 ‘続きを読む’

人参(ベータリッチ)の間引きと追肥

12月02日 カテゴリー:人参の育て方
人参の間引き

人参は種まきから50日~約2ヶ月が経ったところで間引き作業を行います。
間引きする理由としては、発芽から最初の成長期までは競い合わせるように育てて、しっかり根付いたところで間引きをすると、栄養が集中してしっかりとした人参に育つためです。
逆に間引きを怠ったり、多く収穫したいからといって株間が狭くなると、栄養が分散して人参が小さいものになってしまうので注意してください。 ‘続きを読む’